カテゴリー「一時預かり犬「かれん」」の6件の記事

2010年5月29日 (土)

カノンに会えましたヽ(^。^)ノ

 

カノンは、2年前 我が家に居たワンコです。

 

100518imgp0434_14

 

当時の名前は、マルガリータ→「かれん」 と言いました。

 

2年前、

愛護団体のボランティアさんから成犬の一時預かりを頼まれました。

「人間で言うなら自閉症のような・・ 心を閉ざしている。

  自分で歩こうとしない、暗い性格の犬。心のケアをして欲しい」

そういう内容だったと記憶しています。

 

     アタシそんなに暗かった?そうだったかしら~Photo_3

 

カノンは、きっと生活の大半を

ケージの中で過ごしていたんだと思います。

後ろ足は特に弱く、筋肉がついてないようでしたから・・・。

散歩を嫌がり吠えることもしない、表情もない・・・そんな犬でした。

あの時は、毎日カノンと話しました。 

散歩もカノンの意志を尊重しました。

10日間という短い預かり期間でしたが、

徐々にカノンは感情を出すようになったのです。

吠えたり、遊びをしかけたり・・あの時は嬉しかったよ、カノン。

 

譲渡会で、今の飼い主Yさんと巡り合い、

カノンは今、先住犬たちと仲良く暮らしています。

カノンが普通に歩いたり階段を降りたりする事が

どんなに大変な事か・・

Yさんはこの2年間、カノンの様子を知らせてくださいました。

一つ一つの問題を Yさんは根気よくクリアしていきました。

明るくて前向きなYさんです。 本当に頭が下がりますweep

 

そのYさんからシッターの御依頼note 嬉しい!!!  

カノンに会えますlovely 

カノンと仲良しのマリンちゃんにも!heart04

先週のシッターでした。ブログアップが遅くなりましたsweat01 

 

     で、でかいね~ マリンちゃん

Photo

 

今回のシッター対象は、黒ラブのマリンちゃんとカノンの2頭です。

     

     優しいマリンちゃんです。
     ボッチラぼっちら歩くカノンを何度も振り返って見ています。

Photo_4

 

シッター依頼するにあたり Yさんが心配されたのは

マリンちゃんの暴走でした。

「知らない犬を見ると追っかけるんですsweat01

  カノンの方は心配ないんですが・・何せマリンは自己中でwobbly 」

マリンちゃんは40キロを超す巨漢happy02(ゴメンネ、マリンちゃん)

この私の体格でも引きずられるわcoldsweats01

よしflair! オモシ役として2人に日替わりで入ってもらいましょうscissors

Yさんから承諾をいただきました。

 

初日は、姪が見学がてら参加。
カノンのリードを持つ手に全神経を注ぎます。
この後、リードの持ち方等をアドバイス。何事も素直に従う姪。 
その素直さが大事なんだよ。いつまでも忘れずにね!

Imgp0353_2

 

訓練士のピコさん(右)。
心強いサポートです。

Imgp0348

 

 

2日目の朝。

 

     初めてのシッターに、緊張気味の姪です。
     雨を避けての早朝シッターでした。

Photo_10

 カノン、綺麗なシェルティーになったねheart01

こんな素敵なレディになったのは、Yさんご一家の愛情のお陰です。

有難うございますhappy01

100518imgp0434_35


夕方は雨でした。




Photo_9




  堤防への階段の勾配のキツサはハンバじゃない!

Photo_5


Photo_6


Photo_11

     カノンたら何すねてんの? さっさと行くわよdash 

100518imgp0434_6


Photo_12




     マリンちゃん、カノンを頼むね! Photo_7

 

 

| | コメント (6)

2008年6月18日 (水)

かれんは、カノンになりました。

8日の譲渡会で、「お試し一週間」で 
Yさんのお宅に行った「かれん」
あの仔の暗い(?)何か秘めてるような性格が、
先住ワンコ4頭の中でどう変わるものやら・・
いい方向に行ってほしい・・願っていました。

いい報告ができます!!!
一週間のお試しを待つまでもなく、
「かれん」は「カノン」になり
正式にYさんの5頭目の家族になりました♪
今は、毎晩川の字になってYさんご夫婦と寝ているそうです。
あれぇ~~~、Yさんの寝る場所が・・・(*_*;・・・ ないっ!
Photo_2

ケージの中が落ち着くカノン。
外に出すとプルプル震えていました。
カノンと暮らしたのはたった10日間でしたが、
それまでのあの仔の生活の殆どの時間は、
ケージの中だったんじゃないでしょうか。
直接保護された、延岡保健所の職員Yさんも同じ事を
言われていました。
Yさんご家族の愛情と、4頭もの先住犬たちとの出会い。
カノンにもようやく安らぐ場所ができました!

今やケージに入らず、外に出ていることの方が多いそうです。
黒ラブのマリンちゃんとの引っ張り合いの遊びが好きで、
時々ミニィちゃんから叱られているそうです^m^
そうやって、犬社会を学ぶのよ!カノン。

 自分の倍以上のマリンちゃんを組み伏してます(@_@;)
大きな声で吠えたりもするそうです。
階段は苦手で、我が家でしていたように
散歩の度に抱っこして降りんですよと、
Yさんが仰ってました。

見守ってくださった皆様、
カノンは幸せになります♪ 有難うございました!
名前をつけてくださったキャッツあいさん、
一字「れ」が、「ノ」に変わりましたよ~~。

Photo_3

保健所での手続きの為、カノンと再会しました! 
延岡保健所の職員の皆さんも喜んでくださいました。
カノンったら私に寄って来、顔をジ~~ッと見つめるんです。
この先もずっと、私はカノンの家族だからね★(T_T)

Pap_3151

一生、Yさんとそうやって寄り添って歩いて行くんだよ!

Pap_3153

Photo





|

2008年6月10日 (火)

猫日和・犬日和 Vol.10

譲渡会前日、
NPO法人みやざき動物のいのちを守る会
度々フードやグッズを寄付してくださる
Kさん(ハンドルネーム・うこんぴさん)が
我が家に来られました。2度目の来訪です。
年は親娘(私が親^_^;説明いらんかった?)ほど離れているのですが、
話が合うんですよね~。お話していると、時間が瞬く間に過ぎます。


下の写真は、前回(4月)に頂いた寄付の品です。
Photo_3080406ts3b2751

インディ部長、営業顔で挨拶に出てきました。
猫たちは優しいうこんぴさんが気に入ったようです。
「うこんぴお姉ちゃん、遠いところをようこそ!」
Photo

Photo_2

まったくインディったら・・・、 お客様にお尻見せるなんてね(>_<)

優しくておっとり性格のうこんぴさんは、
毛虫やカエル、どんな生き物も大好きという自然っ娘です!
「小さい頃、ガマガエルほどの大きなカエルをこれ飼いたい!と
持ち帰った時には流石にビックリしました(*_*;)」
と、前回一緒に来られたお母様が、笑いながら言っておられました。
カエルは諦め(笑)、今はベンガルという種類の猫と暮らす
うこんぴさん(亡・愛猫右近くんの名前から)。
猫の好きな物をよくご存知です。
お土産のボールにうちの若い猫たちが飛びつきます★
コタ、良かったね。でもそれは食べないでね!
何たって、寝ているmikeかぁたん(私)の
Tシャツまで食べちゃうものね(T_T)
Ts3b3078

今回もたくさんのフードに、高価なゲートを頂きました♪
いつも有難うございます!
Pap_0012


*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*


譲渡会報告。


さて、翌日(6月8日)は第10回延岡譲渡会でした。
数日前から大雨の予報で心配していましたが、
幸いなことに当日は時々小雨。
梅雨時というのに、ラッキーな日でした。
場所は、延岡警察跡地に隣接する街区公園です♪
これからずっと、譲渡会はここで開催します!
Photo_4

この日は、隣りの幼稚園で保護者会合があり、
その流れで子連れのファミリーが多くいらっしゃいました。
Ts3b3095_3
Ts3b3110

今回からバザーを始めました!
資金難の延岡、犬猫の医療費や保護費が残り少なくなり、
殆どを会員のお財布の中から賄ってます。
この活動で使う電話代やガソリン代は当然自分持ちです。
急遽、自宅に引きとれない場合のペットホテル代とか、
猫砂、トイレシート、フード、薬代。
そういった出費が、それぞれの生活に大きく占めてきました。
好きでやってることと言えばそれまでですが、Ts3b3120_4
自分の生活基盤を崩し、体調を崩し・・ 
そうなってくると、救える命も救えません。
家族の同意や協力も大きく関わってきます。
結構大変なんですよね・・
なんて、ちょっと弱音を吐いちゃいました(>_<) 
さまざまな葛藤をしつつ、会員の皆さんは頑張っています。

「譲渡会でバザーをするんだけど、
何かお願いできる?」
友人に相談したところ、ふたりがこの活動に協力してくれました。
バザー品を提供してくれたのです♪ ありがとう!!!友よ。
このブログの右サイドバーに紹介していますが、
アロマとハーブの店 Balance Heart
雑貨ショップCONIFER
それぞれに素敵なショップです♪(*^。^*) 
犬の訓練士ピコさん(ニコドッグスクール)お付き合いの
ドッグワン(DOG TRAIERS CLUB WAN)様からの
首輪・リード等の寄付も頂きました!

皆さまからのご寄付でたくさんの命を救うことができます!
本当に有難うございます♪

バザー品を包む袋はan太郎さんが手作りしてくれました。
an太郎さんの創作品(守る会のノボリ)のセンスの
良さにはいつも目を見張ります。
昔人間の私、「芋版で作ったの!?」 (^_^.) 
消しゴムだそうです(@_@;) 
An

さてさて、第10回延岡譲渡会、
        今回の幸せ度数は?

 
Photo_3  5匹/58匹     Photo_2  8頭/13頭
           

    13匹の わん☆にゃん  に新しい家族ができました!
   ありがとうございました♪


猫の匹数に、ビックリでしょ?
次から次に猫の持ち込みです。

Photo_2

Ts3b3108

Ts3b3097

ある母娘が持ち込んだ仔犬2匹・・ と思ったら、
近所から保護してきた仔犬だそうです。
隣人が保健所に連れて行こうとしたところを
この方が引き取り譲渡会に連れて来られたのでした。
小学生のお嬢ちゃんは、顔をこおばらせ、
仔犬を抱いています。
抱くと言うより、誰にも触らせない!あげない!
手離したら、この仔犬を不幸にする。。
仔犬を必死で守っています。悲しい目をしています。。
「そこに置きなさい。」そう言うおかあさんも涙目です。
「みなさんに見てもらおうね」私が手を差し出すと
顔を横に振り、更に仔犬を抱きしめます。
同居のおじいちゃんが犬を飼うことに反対したそうです。
でもね、きょうだいワンコ2匹を一緒に飼ってくださる
飼い主さんが現れたんです!
あったかいご家族に会い、お嬢ちゃんもようやく仔犬を離しました。
大丈夫よ!この仔たちはきっと幸せになるから♪♪♪
Ts3b3104

CaCaoさん、熱があるのに頑張ってくれました。
Ts3b3100

バザーと、募金の収益にスタッフ全員感謝しています。
皆さんからのご寄付、無駄にしません★
わんにゃんの為、大切に使わせてもらいます!!!

Ts3b3096

Ts3b3115

譲渡会は、私達スタッフが保護し、送り出した仔たちとの
再会の場でもあります。
今回も来てくれました!!
ジーンです♪
Photo
08060810ts3b3113

お座り、お手を披露してくれました。
ジーンを知るスタッフ一同、この姿に感動~(T_T)
あのハチャメチャお転婆だった仔が
こんなにお利口さんになるなんて・・・
飼い主のWさん、躾をきちんとしてくださってるんですね♪
でもね、襖や柱をかじるんですって!
それを楽しげに話すWさん。
ジーン、幸せなあなたを見るたび、力が沸いてくるのよ(*^^)v
この活動の原動力になります。
もっとたくさんの命と向き合いたい!幸せになる手伝いをしたい!
mikeかぁたんは、頑張りますからね♪ ジーン。

そして・・

今、私が保護している、シェットランドシープドッグの
「かれん」ですが、かれんは、環境が変わるのを嫌がります。
ケージから出すとき、外に足を下ろすとき、プルプル震えます。
来た当初は、こうやって体の力が抜けるまで抱いていました。
毛玉だらけで捕獲されたかれん、ケージの中だけで
暮らしてきたのかな?
Ts3b3077

譲渡会場では、チワマー会員が保護している
「きなこちゃん」と楽しそうに走り回っていました♪ 
意外な一面を見ました(@_@;)
そのシーンを写真に収められなかったのが残念です(>_<)
ノミアレルギーのせいで かぶれて禿げたかれんの体。
皆さん、何だか遠巻きです。
今回の譲渡は難しいかな・・と思っていたところ・・・
そのハゲた状態のかれんの姿に惹かれた方がいらしたんです!

ミニィちゃんの飼い主Yさんです!
この日は、ワンコ5頭を車に乗せて来られていました。
運命のめぐり合わせ・・? 後にそう思えると良いのですが。
右がミニィちゃん、左は黒ラブのマリンちゃんです。
Ts3b3107
Yさんは、おっしゃいます。
「ミニィの前に守る会から貰ったゴールデンがいて、
フィラリアにやられ、虫もたくさんいました。
それを承知で引きとったのですが、その仔はうちに来て1ヶ月で
下血吐血しながら亡くなりました。
その仔を思い出します。この仔に惹かれます。」 
Photo_3

今、かれんは、Yさんのお宅にいます。
犬全員と川の字になって寝るというYさんご夫婦。
「犬小屋に私達人間が住まわせてもらってます(^◇^)」
明るいYさん、心優しく豪快な女性です。
他のワンコとの相性を見る為、1週間のお試し中です。
毎日かれんの状況のメールを頂いています。


譲渡会前の散歩中のかれん。
歩き方が上手になってます。
080601預かり3日目ケージの中MAV_0000


あぁ、かれんが、Yさんのワンコ達に気に入られますように!




|

2008年5月31日 (土)

可憐なマルガリータ

昨日のブログで、
『マルガリータ・・(丸刈り~詫)
 この名前、ヒドイ! と思われる方、名前募集しています。
 右サイドバーの「内緒メール」からお願いします♪』

と、皆さまに命名をお願いしましたら

いつもブログに来てくださるお二人からお返事を頂きました!

「名前?マルガリータちゃんでいいですよ♪(ひどい??)
  かわいい子はどんな名前でもかわいいもの♪」

「マルガリータ犬を必死にネットで検索しました。
彼女のお名前候補 “かれん”はいかがかしら?
~かわいくていじらしくて守ってあげたい~
彼女の可憐な姿を見て思い浮かびました。
せつないぐらい優しい瞳ですね・・・」

でね、
早速この仔に、二つの名前で呼んでみたんです♪
そうしたら、この名前に反応しました。

マルガリータ~?      

      無視ッ!
     Ts3b3071


かれんちゃ~ん?
 

       な~に?
     Ts3b3076


ヤラセではありません。ホントですよ♪ 
よって、今日から「かれんちゃん」と呼ばせてもらいます♪

皆さま、ご協力有難うございました!

マル・・、いえ
かれんとのお散歩風景を動画でご覧下さい。

かれんは今まで散歩してたのかな? 
1才半(推定)というのに、歩き方がぎこちないのです。
それはまるで歩き始めた仔犬のよう。
前足を高く上げながら歩きます。走ることもしません。
私の足に絡み、右に左に前に後ろにと
落ち着きなく、歩きが一定しないのです。
フラフラ行くと思うと急に固まってその場を動かない。
かれんとの散歩は
まだ2回目。もう少し様子をみてみます。

やっと犬らしく吠えてくれました。甘噛みも!(*^^)v
明るい兆しです(●^o^●)

 

 

 

 

|

2008年5月30日 (金)

シェルティ・マルガリータ

マルガリータを迎えに、 延岡保健所へ。

保健所からは、譲渡会で里親さんにお渡しする動物関係の資料を
たっくさん頂きました。有難うございました!
これから犬猫を迎える皆さんに、即役立つ情報です。

マルガリータ、
この仔は、シェットランド・シープドッグ(シェルティ)です。
昨日は、触るとプルプル震えていました。 
今日は、近づくと自ら寄ってきました。
マルガリータ・・(丸刈り~詫)
この名前、ヒドイ! と思われる方、名前募集しています。
右サイドバーの「内緒メール」からお願いします♪
期日は明日までとします★(短かすぎ?ブフッ^m^)
  

Photo

ゴールデンウィークの最終日5月6日、
延岡市南一ケ岡3丁目の路上で捕獲されました。
心を閉ざしたマルガリータ。
怯え方は尋常ではありません。
長い拘留期間、管理所の檻の中、
彼女にとっては身も凍る体験だったと思います。
死に行く仲間の鳴き声をどれくらい聞いたのでしょう?

彼女の体には、ノミ・ダニがたくさんついていました。
ノミアレルギーで皮膚が赤くなり、その部分が禿げていた為、
シェルティー特徴の粗く長い直毛、首や胸の豊かな飾り毛は
全てカットしました。

ペットショップ「RAM&JUA」さん、いつも有難うございます!!!
保護したワンコのシャンプーとカットを
いつも低料金でしてくださってます。
「保護活動やケアなどお手伝いしたい気持ちはありますが
それができないのが実情。保護犬を綺麗にしてあげることが
自分にできることと思いました。是非お手伝いさせてください!」
心強いボランティアさんに感謝感謝です♪   

でもカットすると、別犬です! 珍犬種だね。  

Photo_2

保健所から我が家に着きました。
まずあなたの飼い主さんを見つけなきゃね!
チワマー会員さんが夕刊に出してくれましたよ~。
今日と明日、掲示板に掲載されます。
見つかるといいな、飼い主さん。   

Ts3b3063

今朝、職員さんがケージを覗くと、
何とウンチを枕に寝ていたそうです。
お湯で洗いましょうね!   

Ts3b3064  

何か言いたげな訴えるような目です。   

Ts3b3066

やっと横になってくれました。
手を差し出すと舐めてくれます。  
少しずつ、そう少しずつでいいから、
ほんとうのあなたを教えてね♪    

Ts3b3075


*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*

みやざき動物のいのちを守る会ブログ担当新月さんの猫ちゃんが、
長い闘病生活の末、昨晩29日に亡くなりました。
彼女は、守る会の会員になる前からの私の大切な友人です。
最近メールが戻って来ず、彼女に何かあったのではと心配していました。
異変に気づいてはいましたが・・。
頑張り屋さんだものね、
看病しながら仕事や会の活動に精を出していた彼女を思うと
辛かっただろうなと。
守る会のブログを開き、 「くずかごに頭を」を見ました。
見ながら、病気と闘って逝った新月さんの愛猫や
看取った我が家の猫たち、
この1年で天国に行ったお客様の犬猫のことを想いました。。
今夜は思い切り泣いて、明日からはまた新たなスタート!
今ある命と戯れましょう。。。

|

2008年5月29日 (木)

陸 情報★迷子犬マルガリータ 情報

陸の飼い主さんから写真が届きました♪
猫を2匹飼っていらっしゃる飼い主Mさん。
ニャンコたちの名には歴代
「なつ」の字を入れているとの事でしたが、
「(陸→空雅) また名前を変えるのは可哀相なので、
 “くぅちゃん”にします」
陸は、くぅになりました!
ここまで思ってくださるMさん。
陸、くぅちゃんになったの? 
優しい名だね。。 良かったね(*^。^*)

        娘さんと。 それフリスビーだよ!くぅ♪ 
     Photo_4

来月は、遠い地で単身赴任されているご主人と
アメリカ留学中のもう一人の娘さんが戻って来られるそうです。
お二人とも、くぅに会うのを楽しみにしてらっしゃるそうです♪

そして、Mさんからのお手紙です。
(ご本人の承諾を頂きましたのでご紹介します)

くぅちゃんの写真送りますね。
くぅちゃんがうちに来てはや一週間がたちました。
おじいちゃんは、毎日くぅちゃんの居心地のよさを
追求しまくってます。
日々、我が家の庭がバージョンアップされてきてます。
すでにくぅちゃんの庭!?なのです。
おじいちゃんの作った立派なお家には入ってくれず、
なぜか間に合わせのダンボールがお気に入りのくぅちゃん。
毎日楽しみながら共に過ごしてます。
安心してくださいね(*^^)v

     Photo_3

陸(現・くぅ)ファンの B.ハートさんやCaCaoさん・・
その他大勢の皆さん、
陸はMさんご一家のアイドル犬になりました。
どうぞご安心くださいね~~♪


*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*

明日から、マルガリータ犬 が我が家に来ます!
「マルガリータ!?」 こんな犬種あったっけ?

今、保健所が保護しています。
みやざき動物の命を守る会」が引き取ることにし、
保護期間は過ぎているのですが、
お願いして数日置かせてもらっています。
職員の皆さんの優しさで、ひとつの命が守られています(T_T)

ノミ・ダニがたくさん付いていたマルガリータ。
綺麗な身体で我が家に来てもらう為、
今日保健所のあの仔の所に行き、フロントラインプラス
投与して来ました。(フロントラインより一歩進んだ駆虫薬です)
猫7匹の大所帯ですので、ノミ・ダニの駆除が先決です。

明朝マルガリータを迎えに行きます。
ブログのお友達sachikoさんが喜ぶかも・・^m^

マルガリータは、心を病んでいます。
歩けるのに、歩こうとしない・・
カラスの声にも怯えるそうです。

歩こうとしないマルガリータ。
オシッコ・ウンチは、職員さんが草むらに抱いて連れて行き
下ろした所で用を足すそうです。
吠えません。
舐めません。
匂い取りも・・・しません。
鳴く犬種だというのに・・・。

心を閉ざした仔マルガリータ、(推定)1才半のあなたに
何があったの?
明日写真をアップします。

   ※マルガリータは、後に「かれん」に改名しました。












|